刺繍ミシンの選び方 基礎編

刺繍ミシンの選び方 基礎編

刺繍ミシンには、家庭用から職業用(セミプロ用)、工業用とあるのですが、これらすべての種類の刺繍ミシンと刺繍ソフトを作っているメーカーは、ブラザーだけです。

ブラザーの刺繍ミシンの技術は、工業用で作られた刺繍ソフトのノウハウを家庭用刺繍ミシン用の刺繍ソフトにフィードバックされており、工業用の刺繍ソフトが、200万円以上する事を考えると、家庭用の刺繍ミシン用の刺繍ソフトの価格は驚くほど安価です。

しかも、家庭用刺繍ミシン用の刺繍ソフトの方が劣っているところは、僅かしかありません。
このような所を考えた時に、本気で刺繍ミシン購入を考えた場合に、後にもっと大きいエリアの刺繍ミシンが欲しくなった時に、刺繍ソフトの買い替えもいらないし、機種のラインナップも多いブラザーの刺繍ミシンが自然とおすすめになります。

ブラザーの刺繍ミシンは、オプションの刺繍カードも豊富で、様々なキャラクターも揃っていますので、初心者の方の初めての刺繍ミシンとしても楽しめるでしょう。

次に来るのが、刺繍ミシンでは歴史がある、ジャノメミシンの刺繍ミシンでしょうか。

刺繍ミシンを選ぶ時の一番のポイントは、刺繍ミシンで刺繍できるエリア(広さ)になります。

この刺繍ミシンのエリア(広さ)によって刺繍ミシンの価格が決まるといってもいいでしょう。

刺繍ミシンの選び方で一番大切なのは、この刺繍ミシンで刺繍できるエリア(広さ)ですので、慎重に選んで下さい。

刺繍ミシンの刺繍エリアを後から広げる事は出来ませんので注意してください。

パッチワークやキルトを目的とされる場合は、迷わず最大のエリアを選びましょう。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ