ミシン針の選び方 職業用ミシン編

ミシン針の選び方 職業用ミシン編

ミシン針は、縫う素材によって最適な種類を選びましょう。

職業用ミシンの場合は、HA×1 と DB×1 と機種によって使用針が違いますが、ここでは DB×1 の針の場合です。

ここでは、一番手に入りやすい、オルガン針から選びました。

針の太さは、数字が大きくなるほど太くなりますが、通常の職業用ミシンの場合は、9号〜18号までが使用可能範囲です。

18号を使用する場合は、釜の再調整や針板の交換が必要な場合があります。

18号以上の針は、幹の太さの規格が変わり通常の状態では、使えません。

ジーンズの裾上げなどで、21号の針などを使いたい場合は、特殊針で、DB×A20 という物がありますが、再調整と針の交換が必要です。


DB×1     標準の針です。

         9・10・11・12・13・14・16・18号

DB×1KN   ニット用(針先が少し丸くて、生地が切れるのを防ぎます)

         8・9・10・11・12・14号

DB×1SF   KNより針先から糸穴付近までを1番手細くしてあります。
        (ニットやジャージでの地糸れを防ぎます)

         9・10・11号

DB×1NS   針幹サイズが普通針より細く、針先が鋭い。
        (針貫通時の抵抗を抑えて、パッカリングなどを防ぎます)

         8・9・10・11・12・14号

DB×1-NY2  針幹部の強度を向上させ、針折れや目とびを防止します。
        (厚物の縫製に適しています)

         9・10・11・12・14・16・18号

DB×1HS   針の表面を特殊処理してあり、熱で溶けた繊維の付着を防ぎます。
        (ビニール系の素材などの時に最適です)

         9・11・14・16・18号

DB×F2    皮革用で針先がナイフ形状になっています。

         9・11・12・13・14・16・18号

DB×F17    皮革用でF2のナイフの角度が違う針です。

DB×A20    ジーンズなどの厚物用

         19・20・21・22・23号 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ