1本針本縫い工業用ミシン(糸切り付き)編

工業用ミシンの選び方 1本針本縫い糸切りタイプ編

工業用ミシンと一口に言っても、様々な種類がありますので、今回は、1本針の本縫いタイプの選び方について説明します。

1本針本縫い工業用のタイプには、自動糸切りが付いている工業用のタイプと付いてない工業用のタイプがあります。

ここでは、自動糸切りが付いている工業用のタイプの紹介です。

1本針本縫いの工業用のメーカーは、現在日本製では、ブラザー 工業・JUKI(ジューキ)・三菱(ミツビシ)の3社です。

各メーカーの機種番号は以下の通りです。


ブラザー 工業 1本針本縫い自動糸切り工業用タイプ

    型式 S−7200B カタログはコチラ
       (糸切り装置つき・ダイレクトドライブサーボモーター仕様)

ジューキ 1本針本縫い自動糸切り工業用タイプ
    
    型式  DDLー9000 カタログはコチラ
      (糸切り装置つき・ダイレクトドライブサーボモーター仕様)

    型式  DDL-8700-7 カタログはコチラ
       (糸切り装置つき・Vベルト式サーボモーター仕様)

ミツビシ 1本針本縫い自動糸切り工業用タイプ

    型式  LS2-1780-M1TW/H1TW カタログはコチラ
       (糸切り装置つき・ダイレクトドライブサーボモーター仕様)

    型式  LS2-1380-M1T/M1TW/H1T/H1TW/B1T カタログはコチラ
       (糸切り装置つき・Vベルト式サーボモーター仕様)


1本針本縫い工業用(糸切り付き)の選択基準は、ダイレクトドライブかVベルト式かが大きな違いです。

ダイレクトドライブのタイプは、送り歯の機構が改良されており、押さえの圧力を弱めにしても生地を送りやすいので、伸びる生地や、バイアスを縫う時でも綺麗に縫う事が出来ます。

メーカでの性能の差は少ないので、価格を基準に選ばれると良いでしょう。

お奨めの順番としては、ブラザー 工業のS−7200B・ミツビシのLS2-1780・ジューキのDDLー9000の順番でしょうか。

あと、各工業用とも、給油タイプを選べますが、釜には給油するタイプの微量給油などのタイプを選びましょう。

無給油タイプは、釜の消耗が激しいので、あまりお奨めしません。

どうしても無給油にしたい時には、後で部品交換で可能です。

逆に、無給油を給油タイプにする事は、出来ない場合がありますので注意です。

10年以上は絶対使いたいと思う方は、Vベルトのタイプで、ミツビシのLS2-1380・ジューキのDDL-8700-7を選べば良いでしょう。 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ