工業用ミシンの選び方(1本針本縫いミシン編)

工業用(工業)ミシンの選び方(1本針本縫いミシン編)

工業用(工業)ミシンと一口に言っても、様々な種類がありますので、今回は、1本針の本縫いミシンの選び方について説明します。

工業用(工業)ミシンの1本針本縫いミシンには、自動糸切りが付いているミシンと付いてないミシンがあります。

この2種類の工業用(工業)ミシンの違いは、自動糸切りの機能もさることながら、モーターの性能の違いによる使いやすさが全然違います。

このモーターの違いは、サーボモーターとクラッチモーターの違いです。

サーボモーターのタイプの工業用(工業)ミシンは、縫い途中で停止した時は、必ず針が生地に刺さった状態(針が上がった状態にも設定出来ます)で止まり、ペダルのカカト側を踏むと、針が自動で上がります。

その為、ミシンの右側にある、プーリー(ベルトが掛かっているはずみ車)を触る必要がありません。

さらに、縫うスピードを自由に決めることができます。

しかし、クラッチモーターのタイプは、停止した時の針の位置はバラバラですし、スピードも自由に変えることが出来ません。

工業用(工業)ミシンを選ぶ時んのポイントは、縫う製品のデザインか複雑で角などで一旦止めるような工程が多いならば、サーボモーターのものを選んだほうが良いでしょう。

そのうえ、縫う数が多くて、糸切りが面倒なようであれば、糸切り機能がある工業用(工業)ミシンを選びましょう。

工業用(工業)ミシンで、糸切り機能が付いている物は、ダイレクトドライブと言って、ベルトがないタイプが主流になってきています。

この手の工業用(工業)ミシンは、確かに使いやすいのですが、もし、電子部品が壊れたときのメーカーの純正パーツの供給機関が8年前後ということも知っておいてください。

今まで通りのベルトがあるタイプであれば、最悪モーターが故障して修理不能になっても、モーターだけを社外品に交換することで対応できます。

一昔前は、ミシンは一生ものと思われていましたが、ある意味、家電品と同じになってきました。

ある程度以上の数を縫わないのであれば、糸切り無しの工業用(工業)ミシンにサーボモーターを付けるのが、使いやすさを保ちつつ、長く工業用(工業)ミシンを使える方法でしょう。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ