ロックミシン糸の選び方

ロックミシン糸の選び方

通常、ロックミシンの糸は、スパンやポリエステルの糸の80番から100番の太さを使うことが多いです。

しかし、これは既製品などの事であって、家庭で使う時はなるべく、他のミシンと共通の糸をつかいたいところです。

別に、スパンやポリエステルの60番でもかまわないと思います。

さすがに、50番より太い糸は、ジーンズなどで無い限り太すぎるでしょう。

ニット製品を縫う時は、針糸はスパン糸でかまいませんが、普通はウーリー糸を使う事が多いです。

ウーリー糸には、伸び率が多い、高伸ウーリーと伸び率が低い、低伸ウーリがありますが、そこまで神経質になる必要はなく、購入しやすいもので良いでしょう。

ただ、ロックミシンの縫い目は、もともと伸びますので、そこまでこだわらず全部スパン糸やポリエステル糸でもいいでしょう。

ロックミシンの使い方のなかで糸調子の調整は、皆さん難しいと言われることが多いですが、一度合わせた糸調子を崩さずに済む方法は、意外と簡単で、糸の種類・太さ・メーカーを変えない事が大事です。

巻きロックの場合は、生地の上側に出る糸(糸立の右から2番目の糸)だけウーリーを使うことが多いです。

糸調子が手動ですが、巻きロックの時もダイヤルの合わせマークで調整しやすい、激安ロックミシンのおすすめはこちら
        ↓
【送料無料】【JUKI】ロックミシン MO-03D 1本針3本糸(差動付き)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ