ブラザーミシンで予算ごとのおすすめミシン(6万円以下)

ブラザーミシンで予算ごとのおすすめコンピュータミシン(6万円以下)

ここで、ミシンメーカー別に紹介する理由は、お近くのお店の取扱いミシンメーカーにより、修理の時に困らない為とミシンメーカーの好き好きもあるからです。

ブラザーミシンの中でコンピュータミシンを選ぶ時の基準では、最低でもフットコントローラが付いているミシンを選んでいます。

もちろん、手元でのスタート・ストップもできます。

実売価格6万円以下のおすすめブラザーPC-8000

【送料無料】【即納】 ブラザーPC-8000+フルサイズ12色糸+ボビン15個+コンシールファス...


この『ブラザーPC-8000』は、本格的な刺繍の機能以外は、ほとんど必要な機能は付いていますし、フットコントローラも最初から付属しています。

ブラザーPC-8000』は穴かがりも自動で、下打ち機能も付いていてニットの穴かがりに最適です。

ミシンの送り荒さと、ジグザグの振り幅も細かく調整できますし、簡単なアルファベットの刺繍もできます。

ブラザーPC-8000』の安価版で『ブラザーPC-6000』も有りますが、こちらは、ほとんど実売価格が変わりません。

せっかく、このクラスのコンピュータミシンを購入するのなら『ブラザーPC-8000』が良いでしょう。

ブラザーPC-8000』より実売価格が高いミシンは、刺繍やパッチワーク・キルトの性能を求めないのであれば、必要無いでしょう。

初心者の方には少し持て余すかもしれませんので、そんな方は、3万円以下のコンピュータミシンのほうがおすすめです。

『ブラザーSH-302(SH-301)』の紹介ページはこちら
             ↓
ブラザーミシンの中で予算ごとのおすすめコンピュータミシン(3万円以下)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ