ミシンの選び方

家庭用ミシンの選び方

家庭用ミシンといっても、電動ミシン・電子ミシン・電子速度制御ミシン・コンピューターミシン・刺繍ミシンと種類があります。

ここでは、大まかに分けて、電動ミシン・コンピューターミシン・刺繍ミシンで説明して行きます。

まず、電動ミシンですが、このミシンをお奨めする方は、たまにしか使わない可能性が高く、値段も手ごろで、故障しないミシンが欲しい方です。

家庭用ミシンの機能としては、最低限しかありませんが、飾り縫いやボタンホールなどほとんど使わないのであれば、別に不自由する事は無いと思います。

コンピューターミシンの選択の場合は、大きく分けると、糸調子が自動であるかどうかと、糸切り装置の有無・穴かがりが自動かどうか・フットペダルの有無・ジグザグの振り幅がマニュアルで設定できるか、などです。

糸切りは、便利ですが、縫い上がりに影響があるわけでは有りませんので、予算と相談して決め手ください。

自動糸調子は、あれば便利な機能です。

古くなれば故障の可能性はありますが、新しいうちに(購入後2〜3年)故障することは少ないようです。

自動穴かがりに関しては、あれば便利な程度ですが、最近では、穴かがり時に、下打ちという機能が付いている機種があり、この機能は、ニット製品や、ストレッチ素材の穴かがりに伸び止めをするので、洗濯後も安心です。

ジグザグの振り幅の調整が出来る機能は、飾り縫いをよく使う方には、有った方が良いです。

フットペダルは必要性が高いので、最低でもオプションで追加できる機種を選びましょう。

まとめますと、電動ミシンは必要最小限で良い人に。

コンピューターミシンの場合は、最低限ジグザグのふり幅が変えれて、自動穴かがりが付いて、フットペダルが付いている事。

糸調子を合わせるのが苦手な人は、自動糸調子が付いていて、予算が許すならば、糸切り装置が付いたミシンでも良いでしょう。

刺繍ミシンに関しては、ソフトウエアや、刺繍カードに入っているキャラクターなどでも好みが分かれますので、別の機会にご紹介します。

おすすめのミシンは別のページで紹介します。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メルマガ登録・解除
ミシンのプロが伝授!3分でわかるミシンの選び方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ